お問い合わせ・電話予約はこちら

03-3770-6673

10:00-20:00

撮影前のチェックポイント

スタジオK渋谷店は、キタムラNo.1の写真スタジオです。
専門のスタッフが「最高の1枚」をつくるために、じっくり、ていねいにお撮りします。
また、仕上げ加工についても、専門店としてのこだわりをもって行なっております。
当店ならではの「高品質」と「スピード」を、ぜひお確かめください。

身だしなみ編

スーツのシワ

・スーツのシワは写真に写ります。ホコリ・糸くずなどはカメラマンが取り除くことができますが、シワは急にはとれませんので、前日にはハンガーにつるしておいて形を整えておきましょう。

ネクタイ

・男性のネクタイは緩みなくしっかりと結びましょう。少しでも緩んでいると、だらしない印象になってしまいます。
定番はピンストライプですが、色・柄を明るめにして個性を出してもいいでしょう。キャラクター柄はNGです。

・女性の襟は、最近では保守的な傾向を反映してか、出さないケースも増えてきました。出す方が7割、出さない方が3割くらいの割合です。どちらが正しいかではなく、全体とのバランスが整っていればどちらでもOKといえます。
迷うようでしたら、2パターンお撮りしますので、後でバランスの良い方を選んでください。

頭髪

・頭髪は事前にじっくり整えましょう。使い捨てのクシ・ブラシ・あぶらとり紙はご用意しています。
パウダールームもありますので、ゆったりとご支度することもできますよ。

・長い髪は、肩の前に出すと重い感じになります。束ねるか、肩の後ろにした方がスッキリして印象が良くなります。
これもバランスの問題ですので、迷うようでしたら数パターン撮影いたします。

姿勢・表情編

写真をご覧ください。モデルさんに意識して姿勢や表情を変えてもらっています。
キレイな方ですので、どの写真もやはりキレイなのですが、受ける印象はそれぞれ異なりませんか?

1.は笑顔は控えめですが、理知的で上品な印象を受けます。
2.は口角がキレイに上がり、明るく活動的な雰囲気がします。
3.は通常よりあごの位置が高く、目に力を入れてもらってます。より積極的なイメージが伝わってきます。
4.は体を斜め向きにしてみました。肖像写真っぽく撮ったことにより、落ち着いた感じと独自性が伝わってきます。

このように、ちょっとした姿勢や表情の違いで印象はずいぶん変わってくるものなのです。

ではどのように姿勢や表情をつくっていけば良いのでしょうか?

姿勢

・まずは姿勢をリセットしましょう。
両肩をわざと前に突き出し、グルッと一回転させて、手を体の横につけましょう。
手はひざの上でもいいのですが、膝頭の方におくと腕が浮いてしまいますし、体側にし過ぎると、脇があきます。
腕は体に接していたほうがキレイです。

・肩は最初から左右均等にできる人はほとんどいません。
カメラマンがアドバイスしますのでご安心ください。

顔、向き、角度、高さ

・顔の向き・頭の角度・あごの高さにはすべてベストポジションがあります。
最初に首を伸ばして、少しあごを引くとだいたい良い感じになります。微調整についてはカメラマンがアドバイス致します。

表情

・表情は何枚もお撮りしますのでわざと変えてみましょう。
まずは慣れるために姿勢を整えながら1~2枚、慣れてきたら、「目力」を意識して大きく目をあけて1~2枚、次に口の両端(口角)を持ち上げて2~3枚、最後に好きな表情で2~3枚。だいたいこのような流れです。
枚数は目安ですので、納得できるまで遠慮なくトライしましょう!

笑顔

・笑顔は練習でつくれます。作り笑いも笑顔です。人差し指を唇にあてて、左右の口角に力を入れて持ち上げます。
そのとき人差し指が動かないように気をつけましょう。(口が尖ると人差し指が押されて浮いてきますが、それはNGです)

表情はとっさではつくれないですし、夏の暑いときや冬の寒いときなどは落ち着いてからでないと表情なんてつくれないですよね。ゆっくり身だしなみを整え、顔の筋肉の顔をほぐしてから撮影にのぞみましょう!